福島市美容室Well/Lucileの美容師セイノアキラのHP

福島県福島市で美容室を経営しながらヘアスタイリストとしてもサロンに立っています。ヘアスタイル、ヘアアレンジなどいろんな可愛い&カッコいいをいっぱい載せていきますね。

タチカワ『GLORY2015』

November 18, 2015
329 views
約 1 分

福島市美容室

 

月曜日、新潟で美容ディーラーのタチカワさんが主催する“GLORY”にWellのマキちゃんと参加してきました。店長のりょうじとヒロちゃんは同じ日程で仙台でミルボン”DA-INSPIRE”に出場しているため別れて参加です。

コンテストにはトータルクリエーションというのと、フォト2部門で参加しました。

フォトコンは、入賞者ほとんどが、(今回は全部)プロのフォトグラファーに写真を撮ってもらっているのに対し、完全に自分撮り!!D.I.Yです。本当はお金がなくてプロにお願いできないだけです(笑)まぁ、そこをどうこうは言いません。自分で写真を撮るのでとにかく”画”にこだわらくてはなりません!!あと質感と雰囲気。絶対的に画像処理のスキルは必要です!!カメラも安いし照明も無い、どこで勝負するんだって?言ったらスタイルと処理しか勝ち目は無いのです・・・・。今回で3~4回目のフォト参加なのですが、2回は先輩やプロに撮ってもらっているので、コンテスト用写真は、ほぼほぼずぶずぶの素人です。なんで、とにかくいろんなイメージを勉強して、写真も相当いじり倒しました。

今回はテーマが『NIPPON』だったので、日本人が持つ個性をいかに表現するか?外国人には出せない雰囲気と質感にこだわって創りました。衣装も2つとも独特の世界があるので、1つは妖艶さを。2つ目は透明感を。2つとも共通しているのは『ジェンダーレス』というテーマ。今期のトレンドキーワードを取り入れました。

 

 

RED1

和

 

前日の仕込みで、せっかくだから写真とっとこうと思って、とったのがコチラの3枚です。

自分の好きなストリート感とカッコイイ写真を意識して。自分はふわっとしたのが得意な?好きな?イメージがある様なのですが、どっちかというとエッジの効いてるシャープなデザインや、クール、モード、とにかくカッコいいのが好きです。女の子の創る柔らかな作品や淡い作品とは相反する感じなんですが、そっちもちょっと勉強中です。

 

IMG_9834

IMG_9829

NIPPON

 

そして当日、控え室でマキちゃんにメイクを仕込んでもらいます。マキちゃんのメイクは本当上手になったなぁ〜と感心します。って言っても教えたわけじゃなくて、自分で調べたり、勉強しています。凄く前向きに努力する子です。コレが本当に凄い。好きこそモノの上手なれとは言ったもんですが、彼女はその通りな子です。自分としては、こういう子の才能をもっと引き出してあげたいって思う。だから、このコンテストにもWellで出ようと思ったんです。

自分の立場でいうと、いろんな出場のカタチがありますが、特に伸ばしたい子にはこういう経験をさせるというのも1つだと思っていて、コンテストって本当のもの凄くたくさんの学びが詰まっているので、なかば無理矢理させるのも大事。どうやってその子をそういう気持ちにさせるか?それは上の人間の度量にかかっていると思っています。

 

12274690_750245931777906_2649683663947318361_n

 

大会後も、凄くいい言葉をマキちゃんからもらいました。凄く心に残るし、凄く嬉しかった。

次は絶対上のステージを見せてあげたい。そういう経験が自信をつくり、さらに上のステージに上がる為に絶対必要な経験。今年はダメだったけど、絶対来年、次いこうね。

 

12239504_750123131790186_4561365058731476942_n

今回、フォト、トータルクリエーション2部門に参加して、なんというか、

『単純に悔しい!!』

それにつきる。

何がどう、とか、デザインが、とか、どうでもよくて、慰められるとよけい

『イラつく(笑)』

(けなされてもへこむけど・・

デザインの甘さや、世界観の表現力、カットの技術、カラーの技術、ファッション性とかとか、全てにおいて、賞をとってた美容師さんより劣っていたというだけ。そんな自分に苛立ちます。

 

結局、こういうのは評価されてなんぼ、これはサロンワークと一緒で、お客さまに選ばれるかどうか?という事だと思う。選ばれなければ、何かが足りないというのは一緒です。

 

入賞されていた美容師さんのデザインは本当に素敵でした。

 

なので、その方々よりももっと素敵なデザインを創れる様に、そして、ああいう場で選ばれる様に、これからの日々で自分をブラッシュアップさせて行きます。突き抜けたデザイン力を求めて、あと誰にも真似できない独自性も今後磨いて行こうと思います。

 

今回出場したコンテストは新潟エリアの美容師さんが中心でした、新潟は本当、隣県なのにスンゲーお洒落な美容師さんが多くて、デザインもカッチョいい。(リスペクトです。)だからこそ、そのカッチョいいエリアの美容師さんとセンスを競って、いいヘアデザインを創って行きたいと思います。

 

だって、へアデザインを通して、福島ももっともっとイケテル街にしないとですもの。

 

 

 

Facebookgoogle_pluspinteresttumblrby feather

seino akira

Most Viewed Posts