福島市美容室Well/Lucileの美容師セイノアキラのHP

福島県福島市で美容室を経営しながらヘアスタイリストとしてもサロンに立っています。ヘアスタイル、ヘアアレンジなどいろんな可愛い&カッコいいをいっぱい載せていきますね。

SDP(SLAP Design Project)

September 7, 2015
351 views
約 1 分

先日、SLAPで恒例『SDP(SLAP DESIGN PROJECT)/AW①AUTUM』がありました。

スラップのSDPはかれこれ7・8年!!(結構長い歴史があります。)続くトレンド勉強会です。最初はもっとしょぼい感じで(笑)調べてくるスタッフの趣味嗜好が結構、色濃くでてしまう偏ったトレンンド情報の収集が目立ちました。こういったトレンドを分析するにあたって、一番大切なのって公平な目線と冷静な分析じゃないでしょうか?これらの情報はほとんどファッション紙とネットから引っ張ってきていますが、数ある情報媒体を幅広く見回して、今期特に多く情報を出しているテイストやアイテムを拾い上げます。ここで女性の場合、年代別、女性像(テイスト別)にアプローチや打ち出す物も全然変わってくるのです。この時点で、結構偏りがあります。そこで、SLAPのスタッフの目によって、バランスを見てビックトレンドにほど近いものをまとめあげます。ここが、この勉強会のポイントです。これをする事によって、幅広くいろんな情報に目を向け、分析し、わかりやすく、そして、みんなに伝わる様にお洒落な感じにA4にまとめあげるのです。これをすることで今期のファッショントレンドの要点が読み取る事が出来ます。

福島市美容室SLAP1

福島市美容室SLAP2

福島市美容室SLAP3

福島市美容室SLAP4

福島市美容室SLAP5

 

メイクトレンドも然りです。ファッションにおいてメイク、ヘアは絶対外せません。いくら良い服、デザイン性のある服を身にまとっていても、髪型やメイクが外れてたらがっかりじゃないですか。美容師からすればこちら側からの目が必要になります。そこで、ヘアトレンド、メイクトレンドをふまえてファッションに合わせて行くという感じですね。

最近は、スタイリストのヘアの発表の際にパソコンを使う者も増えました。見やすく、わかりやすくが大前提ですが、ココの部分はまだまだ成長の余地がありますね。変な話、美容師というアナログな職業人に今後、ちょっと必要なスキルが、パソコンでのいろんな作業スキルでしょう。(ブログ書いたり、HPつくったり、画像編集したり、エクセルで色々作成したりなど・・・。)いかに、自分の良い部分を自分の周りの人以外の人に認めてもらえるか?口コミという超アンバランスで不確かな伝達手段では確実な情報がまだ見ぬ相手には伝わりにくい。ビジュアルも然りで、今は動画メディアも充実しているし、全てをそのまま伝える事も可能です。

ここはサロンの宣伝広告の部分にも通じます。

今までは、サロンという代表的なメディアが先導的に情報発信してきましたが、SLAPでは、個人個人のセルフメディアによる情報発信を推奨しています。1つより、2つ、3つ、4つと、この集合体がサロンであるという考え方の方がサロン広告に置いても厚みや情報量、よってはSEOにおいても強いと思うんですよね。
福島市美容室SLAP6

福島市美容室SLAP7

さらに、実際にデザインを見せる事で、サロンへの落とし込みもしていきます。今後、これらをもっとスキルアップさせる為には、実際にモデルちゃんでトレンドを再現する事だったり、実際に施術を見てもらう事と結びつけてもいいですし、前回、チカコと一緒に撮影してビジュアルで見せるってこともやって行きたいですね。これは、スタイリストの勉強の場でもありますから、ただ情報を集めてそれを発表するだけの会では、面白くありません。あくまで拾い上げた情報を、スタイリスト間で共有し、それをデザインとしてアウトプットした物、その作業自体を展示するというのも必要でしょうね。

SLAPの経営理念は『進化し続ける事』これは、今までのやり方に満足せず、1人1人が常に前に向かって歩く事を意味する。という事は、新しい方法論を出来る出来ないにかかわらず、挑戦し続けないといけない。些細な事からでも良い、とにかく前にススムという事が重要なんです。

・・・・・そういう想いもこういったサロンの勉強会にのっけています。

 

 

Facebookgoogle_pluspinteresttumblrby feather

seino akira

Most Viewed Posts